ママナース 看護師

ママ看護師の働き方☆子育てとの両立がかなう仕事選び

投稿日:

看護師として働きたいけど子育ても両立したい

そろそろ看護師としての仕事を再開したい。子育て中のママ看護師にとって気になるのが、子育てと両立できるか?ということだと思います。

私自身も3人の子供を育てながら看護師を続けてきました。派遣や療養型、有料老人ホームなど模索した経験から、子育てママ看護師にあった職場探しをお手伝いできればと思います。

子育てとの両立メインの仕事選び

アルバイト・パート

アルバイトやパートとして復帰した場合、子どもの習い事や生活に合わせて曜日や時間を調整することも可能です。

お給料は時給制で、ボーナスはほとんどないのですが、今後の常勤復帰を踏まえて働くママ看護師も多いです。

派遣看護師

派遣看護師の場合、はじめに派遣会社と派遣先を含めて契約を結ぶので、自分に合った働き方がしやすいです。

アルバイトやパートよりも時給は高めで、契約期間は限定されています。

もちろん、派遣先と派遣会社との話し合いで、そのまま残るという選択もあります。

日勤常勤

有料老人ホームや一部の病院では日勤のみの常勤看護師を募集していることがあります。

病院の場合、院内の託児所が使えることもあります。月収制で、ボーナスがでる職場が多いので、生活の安定を図る場合には選択肢に加えると良いと思います。

残業少なめ☆子育てにやさしい職場は

デイサービス

定時に帰れることごほとんどなので、ママ看護師にも人気なのがデイサービスの看護師です。

私も派遣看護師時代にお世話になりましたが、落ち着いた雰囲気の中で働けて、定時で終業できるのがありがたかったです。

クリニック

午前と午後に診療が分かれているため、午前か午後だけのパートを募集している場合があります。

病棟勤務に比べて、定時に上がれるので、時間を限定して働きたいママ看護師向けの職場です。

療養型病院

療養型病院は、医療依存度の高い方が入院されているものの、残業は少なめの職場が多いです。

以前働いていた療養型病院も定時で帰ることができました。

しっかり稼ぎたい☆効率重視の仕事選び

夜勤専従

二交代制の夜勤では、一晩で2日分働くため、時間的な効率は良いです。お給料も一晩3万円前後。緊急の募集では、もう少し高い場合もあります。

夜の間子どもたちを家族に見てもらえるならば、回数が少なくても効率的に働くことができます。

派遣看護師

派遣看護師は、パートやアルバイトに比べて時給が高い傾向にあり、勤務時間や日数も調整してもらいやすいため、子育て中の働き方としておすすめです。

派遣会社で希望にあった職場を探してくれるため、自分に合った職場も見つけやすいのがメリットです。

家族と自分の優先順位を上げて仕事選び

仕事を再開するなら、まずは家族と自分の優先順位から職場選びをしましょう。

今回の記事が、家族と自分にとって納得のいく、ママ看護師の仕事選びにお役に立てば幸いです。

  • この記事を書いた人

nana

看護師歴十数年のベテランナース。介護から急性期まで幅広い経験から、ナースや患者さんへ向けての情報を発信しています。

-ママナース, 看護師
-, , ,

Copyright© ナースログ , 2020 All Rights Reserved.