看護師 看護師の服装

安全に配慮したナースシューズ選び

投稿日:

そのナースシューズ安全に配慮してる?

看護師の足元は、つま先のあるクローズドタイプの靴。服務規程で定められている病院が多いです。

針を落としてしまったり、車椅子のタイヤに踏まれたりと、看護師の足元には意外と危険がたくさん。災害時にも足元の安全を確保しておくことが大切です。

今回は看護師業務の安全という視点で、ナースシューズについて紹介します。

つま先の安全のためには安全靴がおすすめ

ナースシューズにも、安全靴に近いタイプがあります。もちろん、安全靴でなくても外で履けて、つま先と靴底がしっかりしているものなら良いと思います。

安全な靴を選ぶポイント

  1. 針など落ちてもいいようにつま先は硬い素材
  2. 尖ったものを踏んでも安全な厚い靴底
  3. 災害時など外で履く可能性も考慮

外でも履ける靴を災害時に備えて

ベンチレーションシューズはムレなく快適なのですが、災害時などの屋外使用を考えると、水が入り込む可能性があります。外で使用する場面を想定して、安全靴か底やつま先のしっかりしたスニーカーを用意しておくことをおすすめします。

安全靴と言っても、可愛らしいデザインもあります。仕事のモチベーションアップのためにも、見た目にもこだわりたいですからね♪看護師向けのナースシューズの場合、安全に配慮されていてもデザインも多くておしゃれです。

ナースの仕事には安全が重要

医療安全の対象は、働くナースももちろん含まれます。災害時、医療安全の観点からいざという時に、自分の身を守れるようにナースシューズにもこだわりましょう。どんな時も活躍できるナースになるための第一歩でもあります。

  • この記事を書いた人

nana

看護師歴十数年のベテランナース。介護から急性期まで幅広い経験から、ナースや患者さんへ向けての情報を発信しています。

-看護師, 看護師の服装

Copyright© ナースログ , 2020 All Rights Reserved.