ママナース 看護師

ママナース☆子どもの熱で保育園から連絡があった時の対応

投稿日:

子どもが熱を出したと保育園から連絡が

子育てしながら働くときに、必ずといって経験する保育園からの「お迎えに来てください。」電話。

もちろん子どもが心配で、速攻迎えに行きたい!のですが、看護師の現場では難しい場合も…。オペ出しをすぐ後に控えているとか(・・;)

そんなときに、少しでも同僚ナースたちの負担を減らしつつスマートに変える方法など、働くママナースが知りたい情報を紹介します。

代わってもらえる業務と代われない業務は明確に

看護師としての責任とママとしての責任。もちろんママは代わりがいないので、私は子どもを大事にして欲しいと思ってます。

でも、それでもオペ出し直前など、責任を持って完遂しなくてはいけない業務もあります。

保育園から連絡が来たときに、まずは優先して自分で終わらせる仕事と、リーダーや同僚に依頼する仕事を振り分けましょう。

終わっていない、時間でする処置や検査の時間、夜勤の看護師に伝えることなどは、わかりやすく紙に書いて渡すと良いです。

ママナース同士の協力体制も不可欠

同僚に子育て中のママナースはいますか?いるなら普段から情報交換したり協力することで、お互いがとても働きやすくなります。子どもは具合が悪くなったり、熱を出すものです。仕事に子育てに、自分のことでも大変だと思いますが、困った時にこそお互いに助け舟を出し会いましょう。

家族で話し合い☆互いのスケジュールを確認

業務によって帰れる時と帰れない時がもちろんあります。リーダーの時などは、なかなか迎えにいくのは厳しいです。あらかじめリーダーは決まってる場合が多いので、その日はもし迎えが必要になっても大丈夫なように家族の予定も確認します。

リーダーなど途中で帰れない役割の時は先に代わってもらうことも

子どもが朝から少し鼻水が出ている、これからの体調変化が心配。リーダーなのに他の家族の迎えが難しい時などは、理由を話してあらかじめリーダーの交代を他の看護師にお願いすることもあります。

リーダーが途中で抜けるより、圧倒的に迷惑がかかりません。私の場合は、家族にお迎えを頼める日や相手が都合がつかない時に、代わりにリーダーをするなどのフォローをするようにしてます。そういう配慮ってママナースが働いていくうえで大事だと思っています。

いざというときの手段はできるだけ多く

子どもが喘息がなどのあって、頻回に休まなくてはいけない。そんなことも起こりえると思います。どうしても、迎えに行くことができない日も看護師ならあるかもしれません。家で見てくれる家族がいればいいのですが、そうでない場合は取りうる手段は全部取って環境を整えておくことがとても大事です。具体的には、ファミリーサポートに登録しておく、病児保育に登録しておくなどです。どちらもあらかじめ登録しておくことが大事です。

病気の子供のそばには、ずっといたいのが母心です。でも、それだけでは経済的問題は解決できません。現実問題として、一人で育てていくことは限度があります。ワンオペ育児に陥らないためにも事前にできる対策はすべてしておきましょう。使わなくてもいいんです。登録だけはしとておきましょう。あらかじめの準備が大事です。備えあれば患いなしです。

ママナースが働き続けるには周りとの協力体制と事前準備が大切

自分だけで働いていくのは、ママナースにとってあまりにも厳しいと思います。患者さんのためにも一生懸命であることが看護師としてのやりがいにつながっています。だからこそ、家族との協力やママナースたちとの助け合い、いざという時への備えをできる限りしておくことが大事だと思います。もし、悩んでいるかナースさんがいたら、お話を聞くことはできるので是非、TwitterのDMかお問い合わせからお声をおかけください。返事は遅くなってしまうかもしれませんが、私なりの返事をお送りします。一緒に頑張っていくママナースとしていつも応援しています♪

  • この記事を書いた人

nana

看護師歴十数年のベテランナース。介護から急性期まで幅広い経験から、ナースや患者さんへ向けての情報を発信しています。

-ママナース, 看護師

Copyright© ナースログ , 2020 All Rights Reserved.