入院時のグッズ 患者さん向け

スリッパはダメと言われた時の入院の靴選び

更新日:

入院時にスリッパはダメ?かかとのある靴が安全です

入院というと持ち物にスリッパと思う方が多いかもしれませんが、最近ではリハビリや安全の観点からかかとのある靴が推奨されています。スリッパがわりにどんな靴やルームシューズを用意すればいいかを現役看護師がご説明します。

今回の記事は、主に高齢の方向けに書いています。出産準備中の方や、かわいい入院用室内履きが気になるという方向けにも記事を書いてますので是非ご覧ください。

入院時スリッパ代わりに履ける☆安全なかかとのある室内履き

入院時はスリッパでなくかかとのある室内履き 入院の持ち物にスリッパを用意していませんか?出産や手術、検査などで痛みやふらつき、点滴などの付属物がある状態では、スリッパは安全とはいえません。 スリッパの ...

続きを見る

普段の靴でもOK☆でもこんな時は介護シューズがマスト

勤務中に室内履きがいいのか介護シューズかという相談をご家族からよく受けます。結論を言うと普段履いている靴やルームシューズで大丈夫とお伝えしています。

ただし、整形外科で手足や腰、首などの治療中、脳血管疾患で麻痺がある、治療や病気の影響で手足のしびれがある、めまいや貧血があるなど通常の靴を履くのが困難な場合には、介護シューズをおすすめしています。

選び方のポイント

  • 基本的には普段履いてる靴やルームシューズで大丈夫
  • 痛みやしびれ、ふらつきがある場合は介護シューズをおすすめ

介護シューズはやっぱり履きやすい☆スリッパの代わりにも

最近では本当にたくさんの介護シューズが発売されています。今回はスリッパがダメと言われた時に代わりになる介護シューズという視点で、履き心地の優しいものを例としてあげました。

室内で履く、たくさんは歩かない、優しい履き心地がいい場合には、室内用の介護シューズがおすすめです。

3つの状況別☆介護シューズを選ぶ時の着眼点

手の力が弱かったり足先の動きが悪い

手の力が弱かったり足先の動きが悪い場合は、かかとにループが付いた方がおすすめです。靴のかかとを入れるのが大変でついかかとを踏んでいる方を見かけます。そういった方こそ安全のためにかかとをしっかり入れることが大切です。

力がなくてもかかとにループが付いていると指に引っ掛けてかかとを入れやすくなります。通常の靴の場合は、かがまずに済む長めの靴べらを用意しましょう。

足のむくみや動きにくさがある

足がむくんだり動かしにくさがある場合には、マジックテープで履き口が大きく開く方が良いです。チャックで開くタイプもありますが、足のむくみが強い時には傷が付く可能性があるのでおすすめしません。

屋外でのリハビリを行なっている

屋外でリハビリをする時には外履き用の介護シューズを選びましょう。室内用の介護シューズがやわらかい履きごこちなのに比べて、つま先や靴底がしっかりと保護されています。

入院生活を安全に過ごすためにかかとのある靴をお使いください

靴が履きにくい状態の方ほど、履きやすいスリッパやクロックスタイプのサンダルなどを好む傾向があります。けれど、靴が履きにくいと言うことは転倒のリスクが高いとも言えます。

そんな時こそ、履きやすい介護シューズを活用して安全に入院生活を過ごしてほしいと思います。

  • この記事を書いた人

nana

看護師歴十数年のベテランナース。介護から急性期まで幅広い経験から、ナースや患者さんへ向けての情報を発信しています。

-入院時のグッズ, 患者さん向け
-, ,

Copyright© ナースログ , 2019 All Rights Reserved.