ママナース 看護師

院内託児所を検討中のママナース向け☆保育内容や利用するメリット

投稿日:

院内託児所ってどんなところ?プレママ・ママナースの疑問に答えます

託児所利用を考えるママナース向けに、院内託児所の様子を紹介します。看護師をしながら4人の子育てをしてきて、院内託児所も利用経験がありますので、実際の様子をお伝えできると思います。

こんなナースにおすすめ

  • 院内託児所を利用して職場復帰がしたい
  • 出産後に院内託児所の利用を検討している

一般的な院内託児所の雰囲気と保育内容

院内託児所は、病院で働くスタッフの子どもを預かってくれる場所です。もちろん、保育士の資格を持ったスタッフがいてきちんと保育してくれます。

一般的には、0歳から3歳まで預かってくれる託児所が多いです。園庭やホールはない場合がほとんどです。運動会などの大きなイベントもありません。少人数制で、アットホームな雰囲気で保育してくれている施設が多いです。

院内託児所☆ある1日のスケジュール

AM8時  ママと一緒に病院へ行きそのまま登園  パート勤務の職員の子どもたちが来るまで積み木遊びやままごとをして先生たちのんびりと過ごします

AM9時 子どもたちが揃うとお散歩をしたり、テラスやスペースある託児所では水遊びなどすることも お誕生会などのミニイベントをすることもあります

PM12時 お昼ご飯 給食はないことが多いのでお弁当を持参していることが多いです

PM1時  お昼寝

PM3時 おやつ パートの職員はお迎え 室内遊びが多いです

PM6時 定時を過ぎる場合は軽食を食べてます

PM7時 多忙な日も院内に併設されているからすぐにお迎えに行けます

 

院内託児所は看護師の働きやすさも重視されている

院内託児所は、仕事が終わったらすぐにお迎えに行けることが大きな魅力です。仕事が終わるまでの時間を考慮して、保育時間が設定されていてほとんどの場合通常の保育園と同じく午後7時や8時ごろまでのことが多いです。また、仕事の時だけしか預かってもらえない反面、お試し保育なしで預かってくれることがほとんどです。

また、病院内に病児保育を設けている場合には、あらかじめ登録しておくことで職員の子どもも利用できる場合があります。核家族などで、子どもが長期間の喘息や長期間症状がある持病などで保育園に預かってもらえず働けなくなったら…という心配を少しでも解決できそうです。

院内託児所利用のメリットが大きいのはこんな時

院内託児所は、ママナースの力強い味方です。特に、ママナースにとってメリットがおおきい場面や状況を紹介します。

保育園にお迎えに行ける人が自分しかいない

病院の看護師の仕事は、病気や怪我をした人を対象にしているため時間通りに仕事が終わらないことが多々あります。自分以外に保育園のお迎えをしてくれる協力者がいる場合は良いのですが、そうでない場合は保育園にお迎えに行けないと困ります。

院内託児所は、仕事終わりからお迎えまでの時間ロスがほとんどなく、一般の保育園に比べると迎えにいきやすいです。

早めの職場復帰でも働きながら母乳育児が続けやすい

0歳児から預かってくれて少人数制なことや、職場内にあることがほとんどという条件から昼休みに母乳をあげに来るママナースが多かったです。わたしも、その便利さを利用して早めの職場復帰ながら、母乳育児も1歳まで続けることができました。

パートのため一般の保育園に入りにくい

パートで週何回、短時間などの理由で一般の保育園に入りにくい場合でも、院内託児所は入所できることがあります。基準は施設によって大きく違うので、まずは相談してみることをお勧めします。

子ども生まれた月と職場復帰のタイミングで保育園に入りづらい

育児休暇を1年取りたくても、4月始まりでないと保育園に入りにくい。そんな時に、次の4月までの短期から中期の利用が可能な場合が多いです。

ママナースにとって一考の価値有りの院内託児所

ママナースと仕事☆家事と育児の両立に適した働き方

目次 ママナースにとって適した働き方は?どんな働き方がある?病院で働く☆ママナースに合った職場の条件は日勤のみや定時退勤など条件に合った仕事を見つける方法就職先によるメリットデメリット協力体制やライフ ...

続きを見る

院内託児所は、設備面などでは保育園に比べると充実していないことが多いですが、小さいうちに入れるにはアットホームで少人数なので安心できてよかったです。子育てをしながら看護師を続けるなら院内託児所を選択肢の1つに入れると働き方の幅が広がります。

  • この記事を書いた人

nana

看護師歴十数年のベテランナース。介護から急性期まで幅広い経験から、ナースや患者さんへ向けての情報を発信しています。

-ママナース, 看護師

Copyright© ナースログ , 2020 All Rights Reserved.