入院時のグッズ 患者さん向け

入院時スリッパ代わりに履ける☆安全なかかとのある室内履き

投稿日:

入院時はスリッパでなくかかとのある室内履き

入院の持ち物にスリッパを用意していませんか?出産や手術、検査などで痛みやふらつき、点滴などの付属物がある状態では、スリッパは安全とはいえません。

スリッパの代わりにおすすめなのは、かかとのある室内履きです。入院生活を安全に快適に過ごすための、室内履きの選び方を現役ナースが紹介します。

入院時の室内履き選びのキーワード☆転びにくくて履きやすい

まずは室内履きを選ぶ時、安全という視点を忘れないでほしいです。入院中は安全が一番。安全に歩くためには、滑りにくいことと履きやすいことが大切です。それからスリッパみたいに快適な履き心地にもこだわりたいですね。

室内履き選びのポイント

  • 底が滑りにくくなっている
  • 履き方がゴムやマジックテープで履きやすい
  • スリッパみたいに快適な履き心地

安全面での条件を満たすのは介護シューズ

全ての条件を満たしているのは、介護シューズの室内履きです。履きやすい・すべりにくい・履き心地も良いの3拍子揃っています。介護シューズの室内履きに付いては、別の記事で詳しく紹介してますのでご覧ください。

スリッパはダメと言われた時の入院の靴選び

目次 入院時にスリッパはダメ?かかとのある靴が安全です普段の靴でもOK☆でもこんな時は介護シューズがマスト介護シューズはやっぱり履きやすい☆スリッパの代わりにも3つの状況別☆介護シューズを選ぶ時の着眼 ...

続きを見る

出産準備に☆可愛いデザインの入院向け室内履き

お産入院で可愛いデザインが欲しい。入院中こそ気に入ったデザインの室内履きがいいという方向けにおすすめのルームシューズを紹介します。お産の後は、貧血でふらついたり腰が痛かったり、慣れない赤ちゃんのだっこなど足元が不安定です。

赤ちゃんを抱っこした状態で転んでしまったら大変。普段の靴でももちろんいいのですが、夜中に起きて授乳したり普段の生活と違うので、履きやすいルームシューズを用意しておくと楽です。

スリッパでも大丈夫と思うかもしれませんが、安全という視点で言えば出産入院の時もかかとのある室内履きを用意するのがおすすめです。出産準備中の方は、可愛くてすべりにくく履きやすいルームシューズを用意しましょう。

かかとのある室内履きで入院生活を安全に快適に

看護師の願いとして、患者さんにはすこしでも安全に快適に過ごしてほしいと思ってます。そういう意味でも靴ってとても大切です。靴のかかとを踏んでいたり、スリッパをはいて不安定な状態で歩いている姿を見るととても心配です。

普段履いている靴をスムーズに履けるなら、もちろんそのまま使っていただいて大丈夫。でも普段履いている靴が履きにくかったり、もっと快適に過ごしたいなら、ぜひ履きやすくってすべりにくいかかとのある室内履きをご用意ください。

  • この記事を書いた人

nana

看護師歴十数年のベテランナース。介護から急性期まで幅広い経験から、ナースや患者さんへ向けての情報を発信しています。

-入院時のグッズ, 患者さん向け

Copyright© ナースログ , 2019 All Rights Reserved.