看護師 看護師の服装

看護師とアクセサリー☆仕事中どこまでいい?

更新日:

清潔が一番の看護師の仕事☆基本的にはアクセサリーはダメ

看護師の仕事は、基本的にはアクセサリーはNGです。どの程度までのアクセサリーが許されるかについては、仕事内容や職場によって多少の違いがあります。今回は、看護師の仕事中のアクセサリーについて一般的な考え方を紹介します。

こんな方におすすめ

  • 看護師のおしゃれはどこに気をつけたらいいか知りたい。
  • 清潔感や信頼感を大事にしながらちょっとおしゃれもしたい。

結婚指輪はOKという職場が多い

結婚指輪については、つけたままでもOKとしている職場が比較的多いです。ただし、引っかかる部分があるデザインは患者さんの肌を傷つけてしまう恐れがあるので、避けた方がいいと思います。

基本的に、手洗いをしても指輪などをしている部分は洗い残してしまうため、細菌や汚れが残ってしまうといわれています。清潔さが大事な看護師の仕事。結婚指輪であればつけていてもいいという職場の場合でも、手洗いの時には必ず外して手をしっかり洗うようにしましょう。

ピアスはしてもいい?仕事中はどうしている?

ピアスについても、意見が分かれます。ぶら下がるようなデザインは、もちろんNGですがシンプルで目立たないピアスは可としている職場も多いです。ピアスなどのアクセサリーについては、患者さんやご家族側からすると必要ないのでは?気になってしまう…という意見も聞かれます。透明のシークレットピアスをして、仕事が終わってから好きなデザインのものに付け替えるなど配慮している看護師も多いです。

ネックレスをしている看護師も…どこまでOK?

白衣などのユニフォームの場合、ネックレスをしてもユニフォームに隠れて見えなかったので、ネックレスをつけている看護師は多かったように思います。最近はスクラブを採用している病院が増えてきていますが、スクラブは基本的にVネックなのでネックレスを隠してつけるのは、難しいです。引っかかる恐れも考えると、職場にネックレスはしない方が無難だと思います。でも、お守り代わりにとしている看護師もいるので、個人的には反対とは言い切れないですし、職場の雰囲気や仕事内容に合わせるのがいいと思っています。

ヘアアクセサリーやユニフォームにこだわりあり

指輪やネックレスなど自由にできる仕事ではない分、ヘアゴムやシュシュなど派手ではないシンプルデザインでも好みのものを身についけている看護師も多いです。私もかんざしやシュシュ、バナナクリップなどシンプルな清潔感あるデザインで日によって付け替えてます。

スクラブを採用した病院では、自分の好みのスクラブを着ていいという施設も多いので、こだわっている看護師が多いです。私もミズノやワコールのスクラブが着やすくてデザインや色合いが好きなので何着か好みのものを用意しています。

やはり、仕事中でも自分が気に入っている装いのものを身に着けているのは気分が上がりますね。清潔感や信頼感を第一にしているので、プライベートのようなおしゃれはできないですが、その中でもちょっとしたおしゃれをしている看護師は素敵だと思います。

 

  • この記事を書いた人

nana

看護師歴十数年のベテランナース。介護から急性期まで幅広い経験から、ナースや患者さんへ向けての情報を発信しています。

-看護師, 看護師の服装

Copyright© ナースログ , 2020 All Rights Reserved.